日本教育書道会について

日本教育書道会

昭和53年9月1日創立。

文部科学省学習指導要領に準拠した正しい筆順・正しい文字の形・大きさ・配字・字形の整え方などを、段階的・系統的に学習できる生徒手本を発行。

また、成人部は文字の応用技能の習得、そして古典の理解を深め、書法の原理原則の発見を促し、加えて芸術豊かな手本を発行。

清書作品を朱筆添削による適切な指導をはかり書写書道教育の普及振興に力を注いでいる。

全国に550教室、13,000人の会員

東北・北海道を中心として日本全国に550教室、13,000人の会員が正しく美しい書を学んでいます。

お近くの書道教室をお知らせいたします。

»最寄りの書道教室を調べる

行事

岡田契雪先生特別研修会

岡田契雪先生特別研修会

本会顧問の、岡田契雪先生をお迎えしての実技研修会。先生の作品は、筆先の切れが鋭く、一字ずつ重みをみせ、線が強く気品に溢れいてる、と評されています。

鷹揚会書道展

鷹揚会書道展

日本教育書道会成人会員の初段以上で構成されている書道研究鷹揚会の作品発表会の場です。この書道展で活躍されている方達は、地方展、中央展へ、どんどん参加出品されています。

全国学生展

全国学生展

本部主催による全国学生展は文字通り全国各地から出品され、鑑賞能力の高揚と生徒の交流の場となっています。

かきぞめ席書大会

かきぞめ席書大会

児童・生徒の書写書道の技能向上と情操教育の高揚を目的として、開催され、日頃研鑽した成果を発揮できる絶好の機会となっています。

連合会書道展

連合会書道展

日頃の努力の成果を発表し合い、鑑賞眼の高揚と地域会員との交流の場となっています。

連合会実技研修会

連合会実技研修会

通信教育の不足を直接指導によって補い地域会員の実力向上をはかります。

教室作品展

教室作品展

各教室で開催する作品展です。日頃の練習の成果を保護者や地域の皆さんに見てもらうよい機会となっています。

コンクール

  • ・学生硬筆書写コンクール
  • ・ペン字コンクール
  • ・四半切・半切作品コンクール
  • ・「成田山全国競書大会」

公募展・作品展出展

全国書道公募展や、作品展に出展しています。

»公募展、作品展の一覧

2つの入会方法があります。

個人入会、団体入会の2つの入会方法があります。

»ご入会から学習
までの流れ

通信講座

忙しくても自宅なら書道を学ぶことがことができます。

»ご入会から学習
までの流れ

トップへ